So-net無料ブログ作成

冷風機の効果とデメリットについて!意外な落とし穴があった

冷風機が今年の夏、注目されてますね。
スポットクーラーとかスポットエアコンと
呼ばれているけど、本当に効果はあるのでしょうか?

ここでは、冷風機の効果や意外なデメリット、
冷風機よりも効果があるものなどについて詳しく見ていきます。





冷風機とは


冷風機とは、スポットエアコンとも呼ばれ、
空間を部分的に冷やす効果があります。

原理は家庭用クーラーを同じで、取り込んだ空気を
本体内部で冷却して排出しています。

除湿乾燥する機能があるのが普通です。
冷風機が効果を発揮するのは、工場などで
スポット的に冷却する場合や6畳くらいの部屋に
一人住まいなどの小さな空間となっています。

冷風機のデメリット


冷風機のデメリットは次の通りです。

・消費電力は数百ワットとかなり大きい
・冷風と同時に熱風を出す。
・値段が高い(大体二万円~)
・部屋全体の冷房には使えない

冷風機は熱風も出すため、締め切った部屋では
かえって室温を上げることになるので、窓を開放した状態で
使用することになります。

熱風が出る箇所を窓に向ける感じです。
そのため、室内全体の冷房はできません。

また、コンプレッサーで稼働するため
消費電力が結構大きく、価格も高いですね。

ただ除湿、乾燥ができることはメリットですね。

冷風機に換わるもの


通販では冷風機と冷風扇を混同して売ってます。
冷風扇と冷風機の違いは、空気の冷やし方にあります。

冷風機はコンプレッサーと熱交換機で冷却しますが、
冷風扇は水の気化熱を利用して冷却します。

なので、消費電力は数十ワットで価格も数千円からあります。
また熱風を出さないので、部屋を締め切って使用できます。

ただ冷風機と同じように、部屋全体を冷却する使用では
ありません。

でも扇風機よりは涼しいので、エアコンと同時使用の場合
設定温度を上げられるのは節電にまりますよね。

また、空気を冷却するので、温かい風を受ける
という扇風機のデメリットは解消できるようです。




nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © みんなの流行 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
マイルがたくさん貯まるゴールドカード

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。